なぜ「ヘルベテ」をはじめたのか

 

①経済的な教育格差

今はお金のかかる教育サービスが充実しています。

すると親が教育にお金をかける家庭の子は勉強する一方で、経済的に厳しい環境の子は取り残されがちなのが実情です。

 

②地域間の教育格差(田舎/都市)

また、そういう「良い教育」サービスは大都市に多くあります。

したがって、田舎に生まれた時点でハンデを負ってしまうような状況もあります。

 

 「新しい学びの場」を創るために 

 

このような現状に対して、

ヘルベテは教育を「お金のかかるサービス」と捉えるのをやめました。

 

かつては「寺子屋」「私塾」のような、近所の大人が子どもに何かを教える場がありました。

現代にも教育プロじゃない大人が教えるがあってもいいと考えます。

多様な立場の大人が教えることで、子どもの視野が拡がる。

そのような営みが、混沌とした現代を切り拓く人を育てると考えています。

 

ヘルベテの解決策

 

①インターネット(ICT)の利用

インターネットを利用するため、住んでいる地域に関わらず受講ができます。

いつでも、どこでも、スマホさえあれば授業をはじめられます。

 

②社会人の力を集める

ヘルベテでは別に仕事を持つ社会人が授業をするため、安価な料金を実現しています。

また、社会人としての経験知を次世代に継承しています。

 

 (保護者の方はコチラをご一読ください)

 

─ Mission ─

 

Why なぜやるのか? 

 新しい学びの場を創るために

 

What そのために何を?

 受験生の進学を支える

 

How どんな方法で?

 ICT、社会人の力を活用して