なぜ「ヘルベテ」なのか

ヘルベテの特色の1つは、普段は働いている社会人が勉強を見るということです。

かつて受験勉強をがんばった大人が集まり「自分の経験を次の世代に役立てたい」と考えた時、できたのがヘルベテでした。

既存の教育機関の枠に捉われない「新しい学びの場」を考えるとき、インターネットという新世界がそこにありました。

 受験勉強×ICT

インターネット技術(ICT)によって、今までにない形態の学習指導が可能になっています。

インターネットの通話アプリを利用して授業を行うので、場所や時間は自由に決められます。

また、アプリの機能を利用して、日々の学習のスケジュール作成もサポートします。

 

 

現実には、環境の困難や、支えてくれる人が身近にいなくて進学を断念してしまう人も存在します。

ヘルベテは、そのような人たちも均等に「学ぶ機会」を得られるよう手助けをしています。

そのためにヘルベテではインターネット技術(ICT)という新しい手段を活用しています。

 

社会人との交流が学びを加速させる

卒業生にヘルベテの楽しさは?と聞くと、「社会人の先生と話すのが楽しかった」という声が返ってきます。

高校生ぐらいの世代の子どもたちが普段会う大人は、学校や塾の先生など限られています。

社会人との交流から多様な価値観を知ることで、生徒さんの社会への関心が広がるようです。

気持ちが動けば、勉強の勢いも加速していきます。

 

勉強するのは自分自身

授業では先生と一緒に参考書を読み、先生から勉強のアドバイスを受けます。

私たちは、勉強は「主体的に取り組むことが大事」だと思っています。

今では良い参考書が多くあるので、生徒の目標にあった参考書を選び、適切な順番で進めれば学力は伸びていきます。

ただ、そのことは受験生の時には気づかず、つい参考書をやみくもに買ってしまうものです。

そういうことがないよう、参考書の選択を助言し、勉強の計画を立て、チェックするのがヘルベテの先生の役割です。

 

逆に言えば、「1から10まで教えてもらわないとできないなー」という感覚がある人には向かないかもしれません。

私たちができるのはあくまでサポート。自分で勉強ができるようになりたい生徒を待っています。

 

NPO法人として

ヘルベテはNPO法人という組織形態です。

そのためヘルベテは授業料が安価で、しかも、インターネットの力で全国どこからでも授業を受けることができます

家庭教師や塾に通いたくても、住んでる場所やお金の都合で難しいという人の受け皿になることも目指したいと思っています。

 

ヘルベテを受ける受けないに関わらず、このページに訪ねてくれた人によい学びの経験が訪れることを心から祈っています。

 

 

 (保護者の方、大人の方はコチラをご一読ください)

 

ヘルベテのミッション

 

Why なぜやるのか? 

 新しい学びの場を創るために

 

What そのために何を?

 受験生の勉強を支える

 

How どんな方法で?

 ICTを活用して